【コンビニ交付証明書とは】
住民基本台帳カードを利用し、住民票などの各種証明書を市役所ではなく、コンビニで取得できるサービスです。
24時間営業という事もあり、短い市役所の営業時間内で所得できない方の利用が増えております。
詳細については下記の【地方公共団体情報システム機構】のサイトをご参照下さい。
 https://www.lg-waps.jp/

近畿地方でも多くの市で実施されており、平成27年1月15日には大阪市(24区)でサービスが開始されました。更にマイナンバー制度の開始により利用者は増加していくと考えられます。
そこで、コンビニ証明書を受領した際の確認方法については日本司法書士連合会より平成25年5月29日に「お知らせ」という形で通達されています。そのうちの二つの方法をここで紹介させて頂きます。
 
【1】赤外線Webカメラで潜像画像を確認する方法
 Webカメラをパソコンに取り付け、証明書の裏面左下にある桜の絵に赤外線をあてて、【証】のマークが見えるかを確認する。

  
  

【2】スキャナなどで読み込み、検証サイトにて確認する方法
  (富士通スキャンスナップでの詳細な確認方法はこちら→

「証明書復号画像表示システム」
https://cdid.lg-waps.jp/ic-decryptsv/ にアクセスし、スキャナなどで読み込んで保存したファイルを参照し実行する。
正常に終了すれば右記のような画面で出ますので、内容をご確認下さい。